脇脱毛で脇汗ダラダラ?

 

オシャレのために脇毛を脱毛したあと、施術を受ける前よりも汗が多く出るようになったと感じる人は多いです。

 

実際のところ脇脱毛を受けたことでワキ汗の量に変化が出るということはないのですが、体感として量が増えたと感じるケースは珍しくありません。

 

これは脇脱毛を利用する前に生えていた脇毛は、汗をかいたときに汗を絡め取る役割を果たしていたためで、存在がなくなったことで汗が直接肌に触れやすくなったからです。

 

さらに、以前と同じようなカラーの洋服を着ているとき、前は何もなかったのに脱毛後は脇の部分に汗染みができやすくなったなどの変化を実感するケースもあります。

 

イメージとしては、今まであった脇毛が汗と肌の間に存在していたクッション役だったと考えれば分かりやすいです。

 

また、脇脱毛により毛がなくなったことで意識を脇に集中させすぎて、汗が前よりも出やすくなるという可能性もあります。

 

たとえば洋服にできた汗染みに気付いたとき誰かに見られたら恥ずかしいとの思いから、緊張して汗の量が増えていってしまうのです。

 

これは自分の意思で止められるものではないうえに、意識すればするほど汗が出てきて不安になり、さらに汗の量が増えていくという悪循環に陥りやすいケースです。

 

解決策としてはワキ汗のことに意識を向けないようにして違うことを考えるようにしたり、汗が出たとき染みができて目立ってしまうカラーの洋服を避けるようにしたりすることなどが挙げられます。