脱毛サロンと医療レーザー脱毛の違い

 

これから脱毛の施術を受けたいと思った時に、脱毛サロンを利用する方法と、クリニックでの医療レーザー脱毛を利用する方法があります。

 

とは言え、このふたつは一体何が違うのでしょうか。どちらも脱毛の施術を受けることはできますが、実はそれぞれ違いや特徴があるのです。

 

そこでここでは、脱毛サロンと医療レーザー脱毛の違いについて、紹介します。

 

1:効果の違い

 

療レーザー脱毛は、医師のみが行うことができます。

 

毛根のみに反応するレーザーであるため、肌を傷つけることなく、確実な脱毛が可能です。一方で脱毛サロンでは、医療レーザーよりも出力を落とした光レーザーを使用して施術を行います。

 

こちらも肌にとって低刺激なのは変わりませんが、得られる効果は医療レーザーよりも少なくなります。そして、その分痛みを感じることもほとんどありません。

 

2、かかる費用の違い。

 

かかる費用に関しては、一般的には医療レーザー脱毛の方が高めになります。しかし脱毛効果は高く、サロンでは効果が得られなかったという人が、医療レーザー脱毛では効果が得られる場合もあります。

 

一方でサロンの場合、お手頃な価格で施術を受けられるため、通いやすいというメリットがあります。

 

3、通う期間の違い。

 

これまでに述べてきたような理由から、医療レーザー脱毛の方が施術の回数が少なくなります。そのため、クリニックまで通う時間の手間が減るというメリットがあります。

 

以上、いかがでしたでしょうか。ぜひ参考にしてみてください。

 

脱毛サロンの対象部位は広い?!

 

最近は顔やVIOなどのデリケートゾーンは当然のこと、乳輪周りも対象にしている脱毛サロンがあります。

 

「バストやお腹周りの脱毛をしたいけれど、私、胸が小さいから恥ずかしい・・・」

 

というあなた!

 

参考:バストアップ方法の解説サイト

 

を見てバストアップをしながら、脱毛サロンにかよってみてはいかがでしょうか?

 

更新履歴